会社情報 Company

会社情報Company

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

2015年から導入された「コーポレートガバナンス・コード」に対して、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を以下のように策定し、コーポレート・ガバナンス報告書で公表しています。
この中では、コーポレートガバナンス・コードで要求されている、資本政策の基本方針、政策保有株式、株主等に対する情報開示、取締役会・監査等委員会の役割・責務、また取締役・監査等委員のトレーニング、株主との建設的な対話等についての方針や基本的な考え方も開示しています。

当社は、経営理念に基づき、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現するため、事業特性や取り巻く環境等を踏まえ、透明・公正かつ迅速・的確な意思決定を行い、適切に業務執行できるよう以下の基本方針に従ってコーポレート・ガバナンスの充実に努めます。

  1. 1-

    株主の権利を尊重し株主の実質的な平等性を確保するとともに、権利行使を適切に行うための環境の整備に努めます。
  2. 2-

    すべてのステークホルダーとの適切な協働に努めます。
  3. 3-

    法令に基づく開示はもとより、法令に基づく開示以外の情報提供にも主体的に取り組み、透明性の確保に努めます。
  4. 4-

    取締役会、監査役及び監査役会は、
    1. i-

      企業戦略等の大きな方向性の明示
    2. ii-

      経営陣幹部による適切なリスクテイクを支える環境整備
    3. iii-

      経営陣(執行役員を含む)・取締役に対する実効性の高い監督等

    それぞれの役割・責務を適切に果たすよう努めます。

  5. 5-

    持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するよう、株主との間で建設的な対話を行うよう努めます。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制

拡大する

取締役会

当社は取締役会において、成長戦略や経営計画等、当社が持続的に成長し、中長期的に企業価値を向上させるための企業戦略について審議し決定しています。リスクテイクを支える環境として、取締役12名のうち社外取締役を5名(うち4名が独立役員)選任し、それぞれ専門的かつ独立した客観的な立場から取締役の業務監督を果たしており、内部統制及びリスク管理が十分機能する体制をとっています。

監査等委員会

当社の監査等委員3名のうち2名は独立社外取締役であり、独立した客観的な立場に立った監査役としての責務を果たしています。監査等委員には会計士の有資格者を含み、高い専門知識を生かして業務監査及び会計監査を実施し、取締役会において積極的かつ適切な意見を述べています。常勤監査等委員は、重要な会議に出席し、かつ社内請議案件や報告に関する情報にアクセスでき、すべての情報を入手できる体制となっています。

執行役員会

当社は、取締役会の意思決定機能と監督機能の強化および業務執行の効率化を図るため、執行役員制度を導入しています。執行役員会は、代表取締役社長(以下、社長)、執行役員、常勤監査等委員および社長が指名するその他の者をもって構成されています。定例執行役員会を毎月開催するほか、必要に応じて随時開催し、社長は取締役会の方針や決議事項を執行役員に指示・伝達し、執行役員は業務執行状況を社長に報告します。

内部統制システムの運営状況

内部統制システム構築の基本方針

東邦チタニウムグループでは、次の通り内部統制システムを整備・構築し、運用しています。

  1. 1

    取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

  2. 2

    取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

  3. 3

    損失の危険の管理に関する規程その他の体制

  4. 4

    取締役、執行役員及び使用人、の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

  5. 5

    企業集団における業務の適正を確保するための体制

  6. 6

    監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

コーポレート・ガバナンスに関する報告書

当社は東京証券取引所に同報告書を提出しています。

最新の報告書pdf

リスクマネジメント

リスク管理体制

東邦チタニウムグループでは、自然災害、コンプライアンス、労働安全、環境などのリスク管理を適切に行うため「リスク管理規程」を定め、そのなかで以下の基本方針を定め対応しています。

リスク管理基本方針

  1. 1

    リスク管理を通じた事業の継続性と安定的発展の確保

  2. 2

    潜在リスクの把握と重要リスクの回避・低減のための対策実行

  3. 3

    安全操業、製品安全性の確保、地球環境保全を最優先に、各ステークホルダーにおける利益阻害要因の除去・軽減

  4. 4

    リスクとその管理状況の情報開示・共有

  5. 5

    各種法令・規則、社内規範(東邦チタニウムグループ企業倫理規定)等の遵守

環境リスクへの対応

環境事故を発生させることなく、安全な操業を行うことは、当社の重要な課題の一つであります。
こうした認識のもと、当社は、通常操業時、自然災害発生時など様々な状況下で想定される環境へのリスクの抽出、評価を行いました。高リスク案件については、計画的な改善を実施しております。さらに、当社は、重大な環境事故が発生した場合に備えて対策マニュアルを作成し、万一の事態にも適切な対応ができるように努めています。

危機・緊急事態への対応

重大事故や不祥事など危機・緊急事態が発生した場合は、「危機・緊急事態対応規程」に従って、被害を最小限に抑えるため、迅速かつ的確に対応することとしています。

BCP(Business Continuity Plan)の推進

地震、津波、洪水など各事業所の立地に応じた自然災害リスクへの対応を中心としてBCPを策定しています。

当社のウェブサイトは品質の維持・向上を目的としてCookieを使用しています。Cookieの利用にご同意頂ける場合は「同意する」をクリックして下さい。
Cookie利用の詳細について