• HOME
  • 会社概要
  • 事業紹介
  • 製品情報
  • 資材調達
  • 電子公告
  • IR情報
  • ニュース
  • 採用情報
  • お問合せ
  • English Site

Company Information / 会社情報

沿革

1953年
設立
銅製錬大手の日本鉱業株式会社(現・JXホールディングス(株))、チタン製錬の優れた技術者であった石塚父子((株)大阪特殊製鉄所〈現・(株)大阪チタニウムテクノロジーズ〉の創業者・石塚幸次郎氏とその子息・石塚博氏)及びチタンの将来性に注目していた第一物産株式会社(現・三井物産(株))の三者合弁で設立。
1954年 神奈川県茅ヶ崎市に工場を建設。
スポンジチタンの生産を開始(設備能力240t/年 以後逐次増設)。対米輸出開始。
1955年 株式を公開。東京証券取引市場店頭売買。

1956年

1965年

1993年

現在

1960年 チタンインゴットの生産を開始
(設備能力120t/年 以後逐次増設)。
1961年 東京証券取引市場第二部に株式を上場。
1965年 三塩化チタン触媒製造設備完成。
設備能力36t/年 以後逐次増設。
1970年 高純度酸化チタン商業生産開始。
1977年 中国向け三塩化チタン系触媒プラント輸出完了。
1980年 スポンジチタン設備能力12,000t/年。
1985年 チタンインゴット設備能力7,800t/年。
1986年 高活性触媒THC製造設備完成。
1989年 高純度酸化チタン設備能力2,040t/年。
1990年 三京ダイヤモンドグループを買収。
1993年 高活性触媒THC設備能力85t/年。
1996年 ISO 9002 登録。
(プロピレン重合用触媒の製造と販売)
1997年 高純度酸化チタン設備能力2,160t/年。
1998年 ISO 9002 登録範囲拡大
(四塩化チタン、スポンジチタン、チタンインゴット、高純度酸化チタン、チタン系粉及び仮焼粉の製造と販売)。
ISO 14001 登録(茅ヶ崎工場全部門)。
EBインゴット製造設備(日立工場)完成。設備能力2,640t/年。
東チタ触媒黒部株式会社設立。
1999年 ISO 9001 登録拡大(プロピレン重合用触媒、四塩化チタン、スポンジチタン、高純度チタン、チタンインゴット、高純度酸化チタン、チタン系粉及び仮焼粉の設計・開発、製造と販売)。
超微粉ニッケル製造設備完成。
2000年 ISO 9001 登録範囲拡大(ニッケル粉の設計・開発、製造と販売)。
東チタ触媒黒部株式会社から東邦キャタリスト株式会社へ社名変更(触媒事業を同社に移管)。
2003年 スポンジチタン設備能力13,000t/年。
JIS Q 9100認証取得
(航空機用スポンジチタンの設計・開発、製造と販売)。
2005年 スポンジチタン設備能力15,000t/年。
三京ダイヤモンドグループを売却。
2006年 東京証券取引所市場第一部に指定。
2007年 コーポレートブランドマークを制定。
スポンジチタン設備能力16,000t/年。

2008年 東邦キャタリスト株式会社を吸収合併。
八幡工場(EBインゴット製造)完成。設備能力10,000t/年。
インゴット生産能力合計19,000t/年。
新日本ソーラーシリコン株式会社(チッソ株式会社50%出資、日鉱金属株式会社30%出資、当社20%出資の合弁会社)を設立。
2009年 Toho Titanium America Co., Ltd.を設立。
東邦マテリアル株式会社(中島産業株式会社20%出資、森村商事株式会社10%出資、当社70%出資の合弁会社)を設立。
Toho Titanium Europe Co., Ltd. を設立。
2010年 スポンジチタン設備能力26,400t/年。若松スポンジ工場を4月に営業運転開始。
2011年 直接鋳造チタンスラブ(DCスラブ®)の量産化開始。

2012年 スポンジチタン設備能力28,800t/年。若松スポンジ工場生産能力増強完了。

2013年 若松工場のスポンジチタンが航空機認証を取得。

ページトップへ