コンプライアンスCOMPLIANCE

東邦チタニウムグループではコンプライアンス経営を徹底するため、31項目の行動基準を定めた「企業倫理規範」を全従業員に徹底させるとともに、下記の取り組みを実施しています。

コンプライアンス推進体制

企業倫理推進委員会を設置/定期開催することで、コンプライアンス活動の基本方針策定、重点分野の検討、進捗の確認/評価を進めています。

遵法点検

従業員一人ひとりの遵法意識を高め、より効果的に遵法体制を構築するため、「遵法点検」を実施しています。
法律も変化しますので、業務に関連する法規の部署責任者による定期見直しを行っています。そのうえで、各職場の日常業務をコンプライアンスの観点から客観的に振り返り、懸念のあるものを全従業員により職場ごとに幅広く洗い出しています。それらを事業部門から独立したコンプライアンス所管部門において集約・整理し、改善が必要なものについては、所管部門に具体的な改善を働きかける活動を行っています。

コンプライアンス
・ホットライン制度

組織内の不正やハラスメント、法令違反、汚職・贈収賄などあらゆる種類の腐敗防止を含む企業倫理関連の相談窓口の内部通報の仕組みとして、「コンプライアンスホットライン制度」を設置・運用しています。窓口としては、社内窓口(コンプライアンス所管部門)と社外窓口(弁護士)を設置しています。

  • この制度では相談・通報者が不利益を被らないように内部通報者保護を規則に定めたうえで、運用を行っています。特に通報者に関する情報は窓口担当者のみに限定して、制度の信頼性を確保するようにしています。(法令により開示を強制された場合を除く)
  • 経営者からの独立ルートも確保しています。
  • 報告者の秘密を保持し、匿名の報告を受け付けます。
  • お取引先をはじめとするあらゆる社外の方々からのご相談・ご連絡にも対応いたします。
  • コンプライアンス違反のある通報については、事実関係の調査を行い、最終的に違反の有無の判定を行います。調査の結果、コンプライアンス違反が認められた事案は、是正措置・再発防止策をとっています。2021年度の通報件数は13件であり、コンプライアンス違反が認められた事案は4件です。

コンプライアンス・ホットライン制度

社外からの通報については、下記連絡先(社内窓口)にて承ります。社外窓口(弁護士)のご利用を希望される場合は、社内窓口にて社外窓口の連絡先をご案内申し上げます。

東邦チタニウムグループ 
コンプライアンス・ホットライン担当
郵送先
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番1号 JR横浜タワー22階 東邦チタニウム内
TEL 090-8100-1040  
(原則として営業日の午前9時~午後5時)
Email hotline@toho-titanium.co.jp

コンプライアンス教育

社員一人ひとりのコンプライアンス意識の向上と関連法令に対する正しい理解を促すとともに、業務に必要な法令の理解を徹底させるため、階層別教育と特定法令の教育を組み合わせて実施しています。階層別コンプライアンス教育では役員・管理職教育、全従業員教育、新入社員教育を集合形式・討議形式を組み合わせて実施しています。特定法令の教育では社内または社外講師の起用により、より専門的な教育の機会を設けています。

環境・安全・労務
コンプライアンス点検

環境、安全、労務に関する法規は政省令や条例などもあり、非常に複雑です。自社内でも日常的に関係する法令についての点検を行っていますが、外部専門家による点検を組み合わせることにより、コンプライアンスの徹底を図っています。

当社のウェブサイトは品質の維持・向上を目的としてCookieを使用しています。Cookieの利用にご同意頂ける場合は「同意する」をクリックして下さい。
Cookie利用の詳細について