マテリアリティ

マテリアリティ
(重要課題)の特定

2021年11月に東邦チタニウムグループの「経営理念」、「⾏動基本⽅針」、「 中⻑期基本⽅針」及び国際的なガイドライン(GRI、SASBなど)を参考に、重要性の⾼い社会課題をマテリアリティとして特定しました。

【マテリアリティ マップイメージ(例)】

【マテリアリティ マップイメージ(例)】

左図における「ステークホルダーにとっての重要度、当社グループにとっての重要度が高い課題」について内容を統合・整理し、当社グループのマテリアリティとして特定しました。

4つのマテリアリティ

特定プロセスを経て、当社が解決しなければならないマテリアリティを以下の4つと設定しました。
なお、事業環境の変化及びステークホルダーからの意見等を踏まえて毎年振り返りを行い、適切に見直しを行います。

マテリアリティ 取組内容・目標・KPI
E 地球環境保全
への貢献
【脱炭素社会の実現】
2030年にCO2排出量を2018年比で40%削減し、
2050年にカーボンニュートラル達成
【環境安全に配慮した製品の開発】
環境・安全性に配慮した新素材開発、技術改良、
新規用途開発による複数製品化
【持続可能な資源活用】
2040年廃棄物最終処分量を2020年度比50%削減。
サプライチェーン全体での廃棄物再利用
S 社会への貢献
【サプライチェーンにおける人権尊重】
サプライチェーンに関わる全ての方々の人権尊重
(ホワイト物流等)。人権研修受講率100%
【地域社会共生】
各地域での社会貢献や地域活性化への支援
(サッカー部地域貢献、地元管弦楽団支援等)
魅力ある職場
の実現
【職場の労働安全衛生改善】
重大な労働災害発生の撲滅、健康的に働ける環境の実現。
休業4日以上災害年千人率0.7以下、1件/年以下
【多様性と包摂性】
多様性と包摂性に配慮した職場の実現。
障がい者雇用率2.3%以上の維持・向上、
採用者の女性比率を20%以上
【働きやすい職場環境の整備】
活力をもって働ける職場環境の実現。
年休取得率85%、育休取得後復職率100%、
新卒者の3年後定着率70%以上
【人材育成】
全社員の自己成長を後押しできる基盤作りと教育定着。
人材育成計画に基づく効果的な研修の実施
G 経営基盤強化
【コーポレートガバナンス強化】
CGコードの着実な運用
【コンプライアンスの徹底】
コンプライアンス違反ゼロ
【リスクマネジメント推進】
全社的リスク管理システムの構築と適切な実践

当社のウェブサイトは品質の維持・向上を目的としてCookieを使用しています。Cookieの利用にご同意頂ける場合は「同意する」をクリックして下さい。
Cookie利用の詳細について