会社情報 Company

会社情報Company

トップメッセージ

当社は、1953年に茅ヶ崎の地で創業以来、チタンと関連技術の限りない可能性を追求し、国内外で広く優れた製品とサービスの提供に努めてまいりました。


チタンは、軽い・強い・錆びない、更には生体適合性がよいなど、その特性を活かし航空機のエンジンや機体向け材料を始め、海水淡水化プラント、LNGプラント、化学プラント等で使用される配管や熱交換器に利用されています。また人工骨・人工関節などの医療用やゴルフクラブ等スポーツ用品に加え、建材など、様々な分野で使用されてきております。1948年に製錬法が実用化された若い金属だけに、
これからも更なる需要及び用途の拡大が見込まれております。


チタンの需要が中長期的に拡大する一方で、この数年間、チタン業界における垂直統合の進展、スポンジチタン生産能力の世界的増強、鉱石・電力価格の上昇等の構造変化により、金属チタン事業を取り巻く環境は厳しい状況が続いています。これに対し当社は、2014年度から2015年度にかけて、チタン事業の構造改革として茅ヶ崎工場のスポンジチタン生産能力縮小等を含む設備効率の改善、固定費削減、効率的生産体制確立等を進めるとともに、サウジアラビアにおけるスポンジ製造合弁事業、新日鐵住金株式会社との航空機向けチタン合金合弁事業など、将来の成長基盤整備に取り組んでまいりました。


また、チタンの製錬工程に関連する技術の可能性にも着目し、新技術・新商品開発に取り組む中、ポリプロピレン製造用触媒、MLCC(積層セラミックコンデンサ)の内部電極及び誘電体の材料等を開発し、機能化学品事業として広く展開しております。当社では、先述のチタン事業の構造改革と並行して、機能化学品事業については収益底上げに向け、変化のスピードの速い激しい競争環境下、お客様のニーズに的確に応え価値を提供すべく、安定供給に加え、差別化できる技術力をベースに営研工一体となり新商品開発を積極的に進めてまいりました。

これらの施策は2015年度末までにおおむね所期の成果を達成し、2016年度以降は次のステージとして、「質の追求により経営基盤を強化、確立する」ことを基本テーマとする中長期経営戦略に基づき、持続的な成長の実現に向けた体制づくり開始しました。さらに2017年度には中長期経営戦略の数値目標とその達成に向けた取組み方針を定めるとともに、2019年度までの3年間を対象期間とする中期経営計画を策定し、全社全部門において差別化できる品質、コスト等を追求、実現すべく取り組んでおります。


私たち東邦チタニウムグループは、昨年見直し、整理した「経営理念」及び「行動基本方針」のもと、これらの諸施策を着実に実行することでグループの未来を切り開くべく全力を尽くしてまいります。なにとぞ皆さまの変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

東邦チタニウム株式会社
代表取締役社長  西山 佳宏

代表取締役社 西山 佳宏
代表取締役社長 西山 佳宏