環境・CSR情報 Environment & CSR

環境・CSR情報Environment & CSR

従業員とともに

東邦チタニウムグループでは、社員一人ひとりの個性を尊重し、能力の開発に努めるとともに、魅力ある職場環境を実現するために、仕事と生活の両立支援や女性活躍推進などの人事諸制度や当社の未来を切り開く人材を積極的に育成する施策を実施しています。

働きがいと活気ある職場づくりの実現に向けて

東邦チタニウムグループでは、幅広い働き方を柔軟に選択できる、さまざまな制度を導入しています。育児休業制度、介護休業制度を整備し、従業員が家庭と仕事を両立することができるようにするとともに、フレックスタイム制度、半日有給休暇制度、病気等に備えた積立年休制度などを用意。従業員一人ひとりのライフイベント・ライフステージに応じて、フレキシブルに働くことをサポートしています。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画について

当社は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、「女性活躍推進法」)に基づく、一般事業主行動計画を策定いたしました。

併せて、次世代育成の支援に努めてまいります。

人材の育成と活用

当社の中長期経営戦略の基本方針を構成する「人材基盤」の強化、確立を目的として、中長期人材育成計画を策定しています。
この中で、従来からの教育である、高い技術力の伝承、習得を目的とした現場力向上教育やその他知識、意識のボトムアップを企図した個別テーマ教育に加え、将来の当社事業を担う、新規高校卒・大学(院)卒社員に対して指導員を指名し、個々にカスタムメイドの指導育成計画を作成し、計画的な人材育成に取り組んでいます。併せて、役職に応じて必要な能力・知識を修得するための集合教育や「グローバル人材」、「変革人材」を早期に育成するための短期国外留学制度や選抜教育等の研修を実施しています。

人権尊重・ハラスメントの防止

東邦チタニウムグループでは、企業倫理規範において、従業員相互が互いに人権を尊重する旨を定め、不当な差別のない職場環境づくりにつとめています。 また、セクシャルハラスメント・パワーハラスメントといった、周囲への嫌がらせや同僚を不快にするような行為・言動を禁ずるとともに、セクシャルハラスメント防止規定を制定し、予防・解決に向けた取り組みを実施しています。
セクシャルハラスメントを含めた企業倫理上の問題に関する相談は、社内窓口に加えて社外窓口(顧問弁護士)に行うことも可能です。

安全で働きやすい職場環境

労働安全衛生の取り組み

東邦チタニウムグループでは、安全を最優先するという基本方針の下、快適な職場環境の確保と労働災害ゼロを達成していくために、さまざまな活動に取り組んでいます。
茅ヶ崎工場では、工場長を労働安全衛生法に定める総括安全衛生管理者と定めるとともに、他工場においては工場長の指示の下、ラインによる安全衛生管理を進めています。また、労使による安全衛生委員会においては、事業場の安全衛生向上に向けた議論を定期的に行なっています。衛生活動に関しては、作業環境における粉じん・騒音・特定化学物質の状況を把握し、必要に応じて作業環境改善を行なっていくなど、全社レベルでの活動に取り組んでいます。

従業員の健康管理

東邦チタニウムグループでは、従業員の健康維持・管理を支援するため、定期健康診断を実施しています。また、安全衛生法などの法令に基づき、特定作業に従事する従業員対象の特殊健康診断については該当者が受診し、一次予防対策に取り組んでいます。加えて、メタボリック症候群や生活習慣病予防のセミナーを開催するなど、従業員の健康意識を向上させる取り組みを実施しています。

健康管理においては、メンタルヘルスの取り組みも重要です。メンタルヘルス疾患の予防と早期発見のため、従業員本人がストレスに気づいて対応する「セルフケア」と、マネジャーによる職場環境改善や個別相談の実施などの「ライフケア」の双方から施策を講じています。さらに、メンタル専門医、臨床心理士によるカウンセリング、事業所単位でのメンタルヘルスセミナーや、ストレスチェックなども適宜実施しています。