株主・投資家の皆様へ Investor Relations

株主・投資家の皆様へInvestor Relations

ディスクロージャーポリシー・免責事項

1.当社ウェブサイトにおける情報開示について

当社は、ウェブサイトにおける開示を重要な手段のひとつと認識しており、原則として重要事実及び重要事実以外の投資上有用と思われるすべての情報につきまして、所定の法定開示後に開示情報を速やかに掲載することに努めています。

2.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に沿って、情報開示を行っています。当社は、適時開示規則に該当しない情報につきましても、株主・投資家の皆様の投資判断に影響を与えると考えられると判断した情報は、適切な方法によりできる限り積極的かつ公平に開示していく方針であります。

3.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)に公開するとともに、当社ウェブサイトに速やかに掲載いたします。また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解していただくために有効と思われる情報は、報道機関や当社ウェブサイトを通じて公開します。

4.将来の見通しについて

当社ウェブサイトに掲載されている情報の中には、当社の将来の戦略・見通し・見解等が含まれる場合がありますが、実際の業績は、当該時点における様々な環境変化等の外的要因により、これらの見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おきください。

5.沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算期日の翌日から当該四半期決算発表日までを沈黙期間と定め、原則として決算に関する質問への回答やコメントを控えています。ただし、この沈黙期間中でも業績予想と実際の業績の間に大きな差異が生じる見込みが出た場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

6.内部情報管理規定について

当社は重要事実の公表及び内部情報に関する管理基準等についての運用指針を定めるべく、インサイダー取引規制に関する規定を設けております。更にインサイダー情報管理に関し運用を徹底するべく、役員及び社員の教育にも注力しています。

7.株価情報について

当社ウェブサイトで公開している株価情報は、ヤフーの株価情報提供のウェブサイトへリンクするものであり、当社が自ら提供する情報ではなくその内容を保証するものではない旨、あらかじめご了承願います。また株価に関しましては、市場の売買により適正に決定されているとの認識にたち、株価や出来高ないし株価に関連する発生事実につき、原則、当社としてのコメントは行わないことを方針とします。